精神分析

1、プロローグ Prologue

編集部 今回の Special interview は、月刊精神分析08年11月号 特集 「私と分析」 の続編を「私と精神分析2」としてお送りします。

平成20年11月某日、新宿ヒルトンホテル マーブルラウンジ にて

女性精神分析家お二人をお招きしています。立木歩実さんと宣伝真理さんのお二人です。今日は、忙しいところ時間を割いて頂きありがとうございます。特に、宣照さん(滋賀県大津市)は都内のクライアントへの出張セラピーで上京されている中での対談です。ありがとうございます(宣照さんはインテグレーター名を天海有輝から改名されております)。参考:運命は名前で決まる

さて、前回は、お二人の「精神分析」との出会いから大沢先生(注1)のインテグレーター(分析家)養成講座受講までをお聞きしました。今回は、その後、独立開業されてから10年目の今を語っていただきます。お楽しみに。

目次へ

2、プロフィール Profile

編集部 お二人のプロフィールは以下の通りです。
*メールに関して、☆を@に変換したメールアドレスにメール送信願います(スパムメール対策)
tatiki001.jpg

立木歩実(たちきあゆみ)
精神分析家。東京精神療法研究所(神奈川県海老名市)主宰。
1954(S.29)年10月10日生まれ
出身:神奈川県海老名市。二女の母。
尚美音楽専門学校ピアノ学科(東京都文京区)
(現:尚美学園大学 埼玉県川越市)卒業。
kiriko_left☆yahoo.co.jp
QR-CD


amami001.JPG


宣照真理(せんしょうまり)
精神分析家。ラカン精神科学研究所(滋賀県大津市)主宰。
1958(S.33)年4月22日生まれ
出身:滋賀県大津市。二女の母。
親和女子大学児童教育学科(兵庫県神戸市)卒業。
lacan_msl☆yahoo.co.jp
QR-CD



目次へ

3、独立開業後の話

編集 インテグレーター養成講座を終了して、立木さんは、「橋本精神科学研究所」を、宣照さんは「吉川精神科学研究所」を設立されるわけですが、その道のりは平坦なものだったのでしょうか?まず、立木さんの場合は・・
tatiki002.jpg
立木 そうですねぇ私の場合はクライアントからクライアントに広がっていきました。悩みを抱えたクライアントが変容していくと・・・セラピーの効果が更にクライアントを呼ぶという感じです。たとえば人間関係の改善や、親子関係の修復など・・最初、妻がセラピーを受けていて夫を連れてくるとか、女性が彼氏を連れてくるとか・・その繰り返しが私(分析家)の確信になっていきました。口コミが強いですね。
この感覚は体験してみないとわからないですね。説明しようと思ってもなんとも説明できないです。(笑)宗教の布教活動みたいって言われたりするのですが、「味わってわかる」「気持ちでわかる」って言う様な世界ですね。
クライアントさんも、変化が実感できると人に話したくなるのでしょうね、ここ数年、インテグレーター(分析家)を志望する人がでてきました。

でも、精神分析(対話療法)で自分の心の病が絶対治ると信じて来る人は少ないわけで、みなさん半信半疑で始められます。私たち分析家も、クライアントから信頼を勝ち取らないと仕事が続かないわけで、毎回、薄氷を踏む想いで仕事に取り組んでいます。そんな中で、クライアントが「半信半疑」から「信じられる」に変わる瞬間が訪れます。その瞬間の訪れが最高に嬉しいですね。苦節10年でやっとご飯が食べられる様になりました。(笑)

編集 宣照さんの方はいかがでしょうか?

amami002.JPG

宣照 私の方はボランティアで地域の「母親教室」から始めました。地域には貢献できたと思いますが、クライアントはあまり増えませんでしたね。保健所をまわって(飛び込み営業みたい)研究所のパンフレットを配ってまわってみたものの問い合わせはなし。NTTの電話帳(タウンページ)に小さな広告を掲載しても、問い合わせはあることはあるのですが、その場合は「精神分析」というものの説明からしなくてはいけないし、「料金の話をして終了」っていう感じが多くて・・・。今は、ほぼ100%インターネットのサイトからの分析治療依頼や受講申込になりました。
サイトを見た方からの問い合わせは、精神分析治療の内容やお約束も理解した上での問い合わせになりますので話が早くて助かります。事実上、即、分析治療依頼や受講申込になります。いい時代になりました。(笑)

編集 立木さんと宣照さんとでは、世間で言うところの営業スタイルが全然異なっているのが面白いですね。^^

立木 私の場合はクライアントが広告してくれますよ。私のメールアドレスも知らないうちにクライアントからクライアントに伝わっていっているし(苦笑)。家族、一族総クライアントっていうケースもあります。問題としては姪がリストカットをしてしまったり、乳児が生後2ヶ月で指しゃぶりをしたり・・(不安感による赤ちゃんの指しゃぶりは精神分析の中では注意信号)色々あります。

編集 それって、一家でネットワークビジネスにハマッタようなものですよね。

宣照 営業スタイルの違いは多分、集まってくるクライアントの違いによるものだと思います。なんとなく分析家とクライアントの繋がりも似たもの同士の繋がりになるような気がします。立木さんと私の個性の差が集まってくるクライアントの違いになっている様な感じがします。

編集 なるほど。面白いですね。

目次へ

4、相談内容の紹介(例)

編集 クライアントさんの相談内容はいかがでしょうか?プライバシーの問題があって詳細に語って頂くのは無理ですが・・話せる範囲でお願いします。

amami003.JPG

宣照 最近、私のところには「不登校・ひきこもり関係の相談」が多いです。一時期、私の娘達が不登校になったりしましたが、大沢先生(注1)の指導のもとでのオールOK!で乗り越えられた経験も大きいです。(詳しくはココをクリック)。ラカン精神科学研究所は、京都府ひきこもり支援団体に入っている関係もあるのかもしれません。
ただ、昔は子供の非行で悩む親御さんの「なんとか子供を更生させよう」とする行動が顕著だったのですが、今はそういうパワーが減退しているような気もします。更なる親子関係の破綻と表現していいのかどうかわかりませんが・・精神分析的視点でみると、「子供の非行」も「引きこもり」も根は一緒なので対処法も一緒なのですが、時代を反映しているような気もします。

編集 偶然お二人とも二女の母というお立場ですが子育て的視点ではいかがでしょうか?
tatiki003.jpg
立木 4年前からずっとある女性(以下彼女と呼称します)のセラピーをしています。当時、彼女は高校生で不登校になっていました。きっかけは、母親が相談にみえられたのですが、以来ずっと、私が母親代わりになって彼女の話しをきいています。詳しい事を話せないのが残念ですが、高校卒業、専門学校、就職など・・彼女の人生上の様々な課題について対話を重ねています。振り返ってみると、みんなそうだと思いますが「自分の生き方」を探しているのだと思います。今は月1回のペースで彼女のセラピーをしています。私は彼女の「心の母」として、心理学的見地から彼女の「自分探し」のお手伝いをしているのだと思います。それは、精神分析的用語でいう「他者のもとで自我は構成される」という部分だと思います。

編集 宣照さんはいかがでしょうか?

amami004.JPG

宣照 3年前からある男性(以下彼と呼称します)の分析(セラピー)をしています。彼の場合も母親から息子の引きこもり相談がきました。彼は、高校を中退して引きこもっているという事でした。自室に引きこもっていると言う事で出張セラピーを施しました。最初、彼は満足に受け答えも出来ずに分析治療は難しいと思った程だったのですが、辛抱強く対話を重ねて意思の疎通ができる様になり、何をしたいのかもわからなかった彼が、したい事をみつけ、やりたい事をできる様になりました。普通の人の感覚では「私はスキーに興味があります。先週、苗場に行って滑ってきました。」・・ただそれだけの事をするのに、かなりの時間を要しました。しかしながら、引きこもっていた彼が、自ら、好きな事をする様になりご両親は大変喜ばれています。彼自身の次の目標は「自立」と明確になり、以前の彼とは見違える様になりました。私は彼が社会の中へ自信を持って出て行く姿を見たいと念願していますし、その日もそう遠くないと思っています。

編集 精神分析(対話療法)で心の病を治療する事は大変ですが、クライアントの問題が好転していくのを垣間見るのはすごく楽しそうですね、充実されている様子がうかがえます。

目次へ

5、引きこもり不登校対策 オールOK!事例の紹介

編集 それでは、引きこもりにならない子供の育て方、不登校をしない子供の育て方ってあるのでしょうか?

amami005.JPG

宣照 引きこもりとは・・・動かない事を選んだ人達、失敗を責められるから動かない、評価されたくない事を選んだ人達・・であると言えます。では、何故、彼らはそれを選択して、引きこもったのでしょうか?それは、彼らの親が、自分(親)の自己愛の為に、子供の人格を否定し個性を認めず「いい学校に行って、いい会社に就職する事」を求めます。そして子供の主体性は認められません。子供が意に沿えば親は満足しますが・・何かのきっかけで親が敷いたレールが崩れると、子供は「動かない。責められない。評価されない。」を選択してしまうのです。

そして、子どもは「言えナイ、出せナイ、動けナイ」3ナイの迷宮に入ってしまうのです。詳しくは、不登校・ひきこもりに悩む方々へのサイトを参照して下さい。

言えない:言いたい事が言えなくなる。
出せない:感情(喜怒哀楽)が出せなくなる。
動けない:行動できなくなる。

では、引きこもりにならない育て方は、どういう育て方かと言うと、ズバリ「オールOK!子育て法」です。(詳しくはこちらのサイトをご覧下さい。)オールOK!子育て法とは、掻い摘んで言えば、承認と賞賛が人を育てる事を前提に「子供の自我を育てる」「好奇心(他人や物事へ興味を持って関わる)を持たせる」事を推奨します。褒める。励ます。肯定する。自己肯定感による自信や主体性の育成する事です。

分析家は袋小路にハマッた「引きこもり」を助け出すレスキュー隊と表現する事もできます(笑)

編集 オールOK!で育った子供はどのような子供になるのでしょうか?わがままで自己中心的ないじめっ子的な子供になりませんか?
tatiki004.jpg
立木 オールOK!で育った子は、いじめには一切関わりません。いじめられることも、いじめることもしません。「いじめ」は、する方もされる方も根っこは同じなので。いじめの空間は、子ども達にとってストレス解消の場なのです。

また、オールOK!で育った子どもは、自分のしたいことが早くから見つけることが出来ます。自分を知る能力が高いです。それは、色々な事にトライして、好きなこと、嫌いなこと、得意なこと、不得意なこと、が明確に分かっているからです。失敗したことに対しては「知ってよかった^^」と否定をしないので失敗することを恐れません。その繰り返しで、自分を知り、好きなことが分かり、それがどんなに素敵なことかわかります。

オールOK!の事例を思い出しました。

えっと、ある高校2年生の男子生徒が部活をしていて過剰な練習の為にケガしてしまいました。その男子は部活を退部したかったのですが、その子が退部となると試合に出ることが出来ないと言うことで最終的に高校を退学することになりました。簡単に言えば部活にまつわるトラブルで学校自体を退学するというアクシデントが発生したわけです。

部活の問題が発生してから、その男子(以下息子と呼称)の母親とのセラピースタートしました。

息子は退学してから昼夜逆転になり漫画喫茶に入り浸り・・・そんなことが2年程続きました。母親は私の指導の下、一貫してオールOK!の対応をしていました。当時、母親がオールOK!を理解する為に、もの凄い量の質問をしてきたのを覚えています。その後、息子は、ひきこもり、家庭内暴力の後、大検検定を受けるための予備校に入り無事検定をパス、アメリカの大学に進みました。

そこで母親のセラピーは終了したのですが、今年、その母親からの年賀状に「息子さんが大学生活を楽しんでいることの報告」と、「たくましくなった息子さんと私に感謝の言葉」が認められていました。私も、こういう仕事をする上での縁があってのことで凄く嬉かったです。母親のがんばりにも改めて感謝しました。

編集 見事に子供さんの本来の輝きが戻ったという事で本当によかったですね。分析家冥利に尽きるお話をありがとうございます。

目次へ

6、その他のお仕事 僧籍なき僧侶

編集 さて、お時間も迫ってきましたが、その他の分析家のお仕事にはどんなものがありますか?細かいお話でも結構です。

amami006.JPG

宣照 そうですね。クライアントさんは、社会適合できにくいような問題を抱えてから連絡をされる場合もありますが、何らかの原因があって漠然とした不安感を抱えて来所されるケースもあります。

欧米では、風邪をひいたら病院に行く感覚でセラピーを受けに行くのですが、日本ではセラピーやセラピスト(分析家)がそこまで認知されていません。

私が思うに、それは生活習慣の違いや、社会構造の変化によるものだと思っています。
昔、日本社会では、村の長老や寺の和尚さんが村人の相談役であったのに、地域共同体の崩壊や核家族化によって相談相手不在になってしまったり、現代では、親子分裂で親が子どもの相談相手にならないケースが多くなっている状況です。今の日本はセラピストが必要とされているのに、なかなかその存在が認知されないのは大変残念な事だと思います。精神分析の世界で「分析家は僧籍なき僧侶」という言葉があります。それは、分析家は、○○宗のお坊さんではありません、しかしながらクライアントに寄り添いながら、クライアントの足元を照らす松明(たいまつ)の様な役目を負っているのだという意味だと思います。

これは、レアなケースですが、20歳代の女性の電話セラピーを数年に渡って行っています。
これは、クライアントが遠地に住んでいる為に仕方なく電話で月2回のペースでセラピーを行っているのですが、神経症の症状は1年で消え去り、今は、月1回のセラピーを受ける事により彼女曰く「生きるのが楽になっている」状態です。

編集 なるほど、ただ心の病を治療するのではなくて、今風に言えばナビ(ナビゲーター)の様な働きもあるのですね。
tatiki005.jpg
立木 そうそう、分析と分析の間の時間にクライアントさんから「死にたい」「生きている実感がしない」「落ち込んでどうしようもない」等と泣いて電話がかかってきます。

私が話をきくと「こころがやすらぐ」「楽になりました」といって電話をきられます。この辺は母親代行業ですね。お母さんからの子育て相談メールにも適切に対応します。この辺は、お金になりませんが、大切なクライアントさんですから放ってはおけません(笑)赤ちゃんを抱いてくるお母さんの心が穏やかだと、赤ちゃんも心が安定して愚図りません。母親の安定は、子ども安定に直結します。

私たちセラピストは心のプロフェッショナルとして、クライアントさんの安定した精神生活に寄与する事も大きな仕事の一つなんですね。

大きく言えば、精神分析は、真理を説く、生き方を説く「精神の科学」といえます。

編集 お忙しいところ大変ありがとうございました。

目次へ

7、エピローグ Epilogue

編集 今回の Special interview は如何でしたでしょうか?

今後、お二人のお話を発展させて、
①精神分析理論からみた理想のパートナー選び
②精神分析理論からみた理想の結婚・出産・育児
③精神分析理論からみた理想の家族計画
などを特集する企画を立案中です。どうぞ、ご期待下さい。

お二人への質問コーナーなどを新設します。
記事の感想や、お二人への質問メールなど、どしどし受け付けます。

月刊精神分編集部までメールをお寄せ下さい。
lacan_msl☆yahoo.co.jp
☆を@に変換したメールアドレスにメール送信願います(スパムメール対策)

お便りをお待ちしています。(月刊精神分析編集部)

目次へ

8、その他 注釈

(注1)大沢先生
精神分析家。LAKAN精神科学研究所主宰。
1951(S.26)年生まれ。
出身:埼玉県行田市。
27歳の時に一過性の分裂病に罹った事をきっかけに独学で精神分析家となる。開業15年。著書:心的遺伝子論(精神分析的生み分け法)、運命は名前で決まる(精神分析的観点による姓名判断)。

目次へ

9、Webマガジン月刊精神分析&分析家ネットワーク



より大きな地図で インテグレーターマップ を表示

 大沢秀行氏(インテグレーター名:惟能創理)の精神分析を受け、インテグレーター(分析家)を目指し理論を学んだ人たちが、東北・関東・関西を中心に実際にインテグレーターとして活動しています。  夏には、那須で恒例の「分析サミット」が開かれ、症例報告・研究などの研修会も行っています。  私たちインテグレーターを紹介します。(敬称略)  メールに関して、☆を@に変換したメールアドレスにメール送信願います(スパムメール対策)

目次へ

Copyright (C) LACAN MENTAL SCIENCE Lab. All rights reserved.
Powered by Movable Type 3.34